美容外科と美容皮膚科の違い

オリジナル見出し01

美肌目的で医療機関を受診するとき、二つの選択肢があることをご存じでしょう。

大宮の全身脱毛の情報が必要な方必見です。

すなわち、美容外科と美容皮膚科です。

ターゲットに応じた永久脱毛に関するお役立ち情報サイトです。

二つとも似たような診療科ですが、両者は同じものではないので、その違いを理解しておく必要があります。

もっとも、どちらも素肌を綺麗にするのが目的という点では同じなのですが、行われる治療内容や方法が異なるということです。

医療脱毛の評価の最新情報を見つけよう。

まず美容外科ですが、これは簡単にいうと、大きなオペが行われることもある美容整形の診療科です。

一流の渋谷のシミ情報を見付けるのに、このサイトを参考にしてみてはいかがでしょう。

美容皮膚科ではメスが使用されることはありませんが、美容外科では整形手術などメスを使った施術も行われます。

肝斑が広く知れ渡ってきました。

したがって美容外科では、ダウンタイムが長くなるような治療が行われることもしばしばです。

では、美容皮膚科とはなんでしょうか?こちらも簡単にいえば、素肌を綺麗にすることを目的にした皮膚科ということができます。

一般の皮膚科では皮膚の病気を治すことを目的にしていますが、美容皮膚科ではそこに美容目的が加わって、コラーゲン注入によりしわを改善したり、レーザー治療でホクロを除去したりすることも行われます。



ただし、美容皮膚科ではメスを使った整形手術は行われません。



結論として、美容外科と美容皮膚科の違いは、メスを使用するかしないか、手術をするかしないかです。



この違いをよく理解したうえで、自分の目的に合ったほうを受診するようにしてください。


安全性については、メスを使わない分、美容皮膚科のほうが負担の軽いといえるでしょう。

関連リンク

  • タイトル21

    美容外科とは、自身の容貌のコンプレックスを取り除くことによって生活の質を向上させたいという医師の思いから1978年に診療科として認可されました。美容外科と形成外科は扱う部位が同じであるためよく混同されますが、形成外科は美容目的ではありません。...

  • タイトル22

    美容外科はどんなイメージがあるでしょう。顔を整形するイメージが強いかもしれません。...